楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2007年 08月 30日 ( 1 )

中部日本ギター協会主催のギターアンサンブルの集いが今年も開催されます。
サルビアはこれまで8回参加していて今年も年度始めに参加決定していました。
5月になって1stメンバーの退会があり参加見直しの声が上がり、ゆったり遊んでいくのもいいか~と7月8月を過ごしました。
申し込み締め切り前には不参加連絡しました。

サルビアのメンバーは初心者中心でお互いの音に差さえあって寄り集まっています。
言葉や文字にするとカッコいいのですが、実際には大きな・心地良い音に自分の音を同化させて(紛れさせて)弾いている。
同じパートの人が休んだり今回のように退会があると残った人はその音に自信をなくしてしまいます。
易しい合わせられる曲を弾いても音はかなり萎縮傾向。そして何かムードが変わっているような・・・・です。
ゆっくりした流れは確かに必要ですが、ここは一つ頑張ろうじゃないのさ~♪の気持ちが要るのでは・・と感じていました。

そんな時に協会役員会があり、今年度のギターアンサンブルの集い参加団体が少ないことが伝えられました。何人かの理事の方からも再度お誘いを戴きました。
そして、もう一度参加を検討しなおし。今ならまだ間に合う・・とメンバーに呼びかけました。

サルビアはサークルです。
メンバーのほんのちょっとした気持ちの持ちようで前に向くかその場で足踏みをするかが決まっていく。
サークルとは何か・・?を考えていたのですが、決定事項を話し合いで・・と表面だったことだけじゃないんですよね。
メンバーひとりひとりが 前を見る意識を持つこと がサークルを支えていくことなんですよね。
中心になっている者の夢だけではどうしようもないものです。

そんな事を願いながら、先週の練習に集まっていた11名のメンバーに呼びかけました。
都合で休んでいた人の家に帰りに立ち寄りその説明をして了解も取りました。
心を合わせて~~はメンバー皆望んでいること。
ギターを置くと楽しく和やかな会ですが弾き始めるとちょっと元気のなかったサルビアさん。(笑)
緊張感はあるだろうけどまだまだ思い出に残る楽しい活動を残していきましょう~~♪と。^^

猛暑でちょっとゆったりしている期間があっただけ。本来の活動に戻ります。
10月20日(午後)多治見市民会館小ホールでの演奏を目標に頑張りましょう。
明日から再スタートです。

【演奏予定曲】
  詩人と私   さよならの時   アルハンブラの思い出
[PR]
by gc-salvia | 2007-08-30 07:49