楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

5月29日

ギターコンサートin四日市のステージ演奏も打ち上げ食事会も録音会も全て終了。
またまた穏やかないつもの練習光景が戻って来ました。
15日の練習日誌のところにも書いたのですが、GCサルビア全員でのステージ演奏を目標にするのは難しいかも・・と今後はその都度その都度の有志メンバーを募集してパートを分けしていきたいと考えています。
10月25日のギターアンサンブルの集い’2009を目標とした≪サルビア’2009≫は15日の段階では数名の希望者と思っていました。
そして選曲に頭を悩ませていた所、今日の練習会の場でGCサルビアメンバーの内2名を除く11名参加が判明。
WIサルビアメンバー2名も参加予定なので計13名で10月に照準を合わせることになりました。

そんな訳でのんびり練習も少しエンジン掛けなければなりません。
秋にも録音予定なのでその演奏曲を録音していけば良い訳なんですけどね。
戸惑いながらも少し嬉しいメンバーの姿勢でした。
皆さんが言われるのには♪年1回は何処かのステージで弾こう♪を目標にして来ているけど、年齢も家族状況も健康もそれぞれに難しい状況になってるので長期の計画は何一つ立てることは出来ない。
でも3~4ヶ月ならまだ見通しつく。10月なら出れるでしょう。
可能な内に外での思い出作りをしないとただのグループ集まりになってしまう。。でした。
長く活動があるとそうなりますね。

シニアメンバーさんが多い合奏団も多くあります。
でもそれは皆さん状況が整っているからの集まりの人がほとんどでしょうね。
私達もそれには違いないのですが活動が長いと離れがたい何かが大きくあって(それはギターを弾く音楽に関わる以外の面もあるとは思いますね)多少無理をしての生活リズム組み入れの人も多いんですね。
サークル意識からすればそれが一番嬉しいことではあります。
合奏団とみるとステージ演奏をしていかなくては・・の方向に傾かざるを得ないですよね。
でもそれは私達の集りとは本来の主旨が違うと私達独自の大らかな活動をして来たつもりです。
そしてその状況に合った活動をすれば良い・・とここ1~2年特にそう意識して集まってきました。
でも皆さんの内面はちょっとしたメンバー同士の励ましあいでまだまだ頑張れる意識に変換されて行くときがあるんですね。
タイミングだったりちょっとした心理変化がこの微妙な個人状況に影響するんですね。
この日の練習会で静かなエネルギーを感じて嬉しく思いました。

サルビア2009の練習はこれまで通りGCサルビア内練習していくことになりました。
ただ今選曲中。
『赤いスイートピー』は残留組にしておきました。さあどうしようかな?^^

この日の練習曲は『空よ』と『バロック風まちぶせ・・イントロ部分のみ』
[PR]
by gc-salvia | 2009-05-30 07:58 | サルビアの練習日誌

5月22日

合奏を録音する日でいつもより1時間早くに集まりました。
準備&指慣らしで40分ほどしたところで録音をお願いしていた人が来場。
出された録音機材があまりにも小さいのでまずそれに驚きました。携帯電話サイズです。
以前ならアレコレといくつかセッティングするのにも時間がかかりましたからね。

それで直前まで練習していた『スパニッシュ・コーヒー』から収録。
録音をお願いしたのは知人のプロ演奏家。音の専門家です。それだけでも緊張するんです。
ましてこのスパニッシュはテンポが速くてリズムに乗り切れないしイマイチ曲。
出来れば入ったら良いかな~ぐらいの予備曲でした。
4回ほど弾いてこのぐらいにしましょうって感じ。
外は雨が降って湿度も高い目。集中しているので暑くて暑くて。。
冷や汗か本当の汗か分らないのがタラ~って感じでしたね。(笑)

2曲目は『赤いスイートピー』
アレンジ面で少し気にかかるところがあるとこの段階で少し音を変更して録音。
スパニッシュに比べてゆったりしている曲の方がかえって難しいんですよね。
全体としてはゆったりは感じるものの16分音符やタイがかかってるのやらあって気が合わないとバラバラ~となります。ちょっとした油断で聴き辛くなる。
ステージ演奏は1回限りだから音は流れていくけどCDとなれば繰り返し聞くのでバラつきは常に気になる箇所になってしまうと・・・頑張りました。

3曲目『さくら』
録音前練習でこれもいろいろと指摘がありました。
私達って結構いい加減路線で通し切っていますからね。(笑)
専門家の目からは直前と分っていても修正できるところは出来る限りに・・です。
何とか何とか頑張り切りました。
準備のための集まりから3時間。本当にお疲れ様でした。

メンバーからとても勉強になりました♪と声が出ていたそうです。
また頑張りましょうね。まだまだ大丈夫。いけます。^^
[PR]
by gc-salvia | 2009-05-23 06:12 | サルビアの練習日誌

5月15日

ギターコンサート in 四日市 に出演してその翌週の練習会です。
多少≪終えた~≫感があり峠に向かっている時よりもバラつきのある練習をしていました。
実はまだ同じ曲を弾き続けているんです。
『赤いスイートピー』『スパニッシュ・コーヒー』『さくら』の3曲。
来週に録音予定なんです。
現状であるがままの録音で結構~♪と前回のCD録音よりは気は張らずに割り切って割り切っての録音です。
前回はあいあいホールを借り切ってでしたが今回はいつも練習している部屋です。
来週までこの3曲を弾いてそれで一旦切りにする予定です。
あとは何処かで弾く予定があってもその録音したものに合わせて自宅練習と言うことですね。^^

今日の練習はざっとおさらい程度で終えてました。
少し早い目に終わって会場移動。
一つのイヴェントが終わったので全員揃っての食事会です。これは得意行事なんですよ。(笑)
湯葉・豆腐会席料理のお店で心にも胃にも優しいお料理を戴きました。
コンサートの時に撮ってもらった写真を回しながら、次の前向きな話をしながらのランチタイムはとても幸せですね。

いろんな家庭事情のあるメンバーが多くこの金曜日の集まりを本当に大切に思っているのが伝わってきます。
かと言って先にきっちり見通しを取れない事情があるのも現実です。
それらをどのように調整していくかが私達の一番の問題点です。
出来る者だけの動きをすれば寂しい思いをするメンバーが出てきます。
合奏は集まってこそ出来るもの。団体プレーです。
同じ歩調を取るから楽しい合奏が出来るのだと改めて思いました。
GCサルビアの流れはこれからも変わらずサルビア流で続いて行きます。
それをきちんと踏まえた上でサルビアからの有志グループ併行の道もありのはずと信じて今日の会食の場で≪サルビア2009≫メンバー募集と呼びかけました。
これは今年度のギターアンサンブルの集い(10月25日)出演だけを目標とした集りで月2回金曜午後に1時間だけ合奏練習します。
GCサルビア集まりをこれまで以上に大切にしてそれぞれのメンバーの今出来ることを更に進めていこうとしています。
二組にわかれるのではなく、4ヶ月期間限定GCと併行の有志グループです。
政界も今、変革期にあるようですが、サルビアも心を合わせてLet’s play !の思いを大切に外側の形は変わっていくのも流れのように思います。
優しさを忘れない人の集まりでいたいとメンバーの思いは同じ所にあります。
[PR]
by gc-salvia | 2009-05-15 18:34 | サルビアの練習日誌
d0065546_2051186.jpg


久し振りにGCサルビアメンバー全員でステージ演奏しました。
しかも本拠地だった四日市市文化会館で。
近いので午後1時前に集合・4時30分解散と言うシニアメンバーが多くなって来た私達には優しいイヴェントでした。

d0065546_4455010.jpg


プログラム最後は出演者有志による合同合奏がありました。
『夏の思い出』リハーサルなしでしたがとてもきれいに合っていました。

d0065546_4475238.jpg


楽しい一日をありがとうございました。
[PR]
by gc-salvia | 2009-05-09 20:51 | 楽しい出来事

5月8日

ゴールデンウィーク期間中には金曜日はお休みの日にはかからなくて先週も殆どの人が出席出来ていました。
でも自宅での個人練習はやはり出来なかった人が多いのでは・・と思われた今日の練習でした。
ちょっと揃わない部分が目立つんです。
明日が本番。
あまりあれこれ言うよりも兎に角一緒に合わせる練習に励む方が賢明です。
3セットは一応流して練習出来ました。
ちょっと気になる箇所も少し集中して練習しました。
本番に強いサルビア・・と信じるのが一番でしょう。(笑)

明日は1時前に全員集合して少しだけ練習しましょう。
そして開演時には切り上げて会場で出演者の鑑賞をしましょうね。
出番は3時40分頃かな? 最後から二つ目とフィナーレの合同合奏。
楽しい一日を過ごしましょう。
[PR]
by gc-salvia | 2009-05-08 20:37 | サルビアの練習日誌

5月1日

5月に入りました。
ギターサークル・サルビアが始まってから26or27回目の5月です。
もう経過年数が分らなくなっています。だからもうカウントしないと決めました。(笑)

この日の練習は9日のギターコンサートin四日市の打ち合わせから始まりました。
私達サルビアで譜面台・足台など幾つ&誰が持って行くとか打ち上げはどうするとかいろいろ。。
その後、演奏予定の『赤いスイートピー』→『スパニッシュ・コーヒー』を本番と同じように1回ずつ3セット弾きました。
サルビアでは演奏発表が近付いてくるとこの様な練習方法を採っています。
同じ曲を続けて弾くと1回目がダメでも2・3回目となると慣れてくるので良くなります。
でも実際の本番で今のはリハーサルでした~~♪と言う訳には行きません。
緊張感を持って一発勝負で始めなくてはならない・・・そんな練習も大切だと思いますね。
スパニッシュ・コーヒーの出始めはいつもメトロノームでテンポを一度出してそれに合わせてカウント開始していたのも2週間前から止めています。
いつまでもそれに頼っている訳にはいきません。
合図を送る者の絶対音感ならぬ絶対タイム(そんなのあるのかな?)が要りますね。
1セット目のスパニッシュの合図が失敗。早すぎて皆さんつっかかっていました。
当日本番は私にかかっているようです。

それにしても共通の目標に向かっている時はとても気持ちよくまとまっています。
全員初級レベルだけどさすがに長いキャリアの人ばかり。
合奏はある程度のレベルに達していればみんなで作ろう同じ方向を見ようと言う気持ちがあれば、実際の持っているレベル以上のものが出せるものだとこれまでのサルビアから学びました。
合奏はとても幸せな共同作業です。

シニア域に入っているメンバーが多くなって来たので同じ活動を次の年も更に次の年も・・と繫げていくのは難しいかも知れません。
でも必ず集まってくるメンバーの中での向かう方向があるものだと私は思っています。
弾きたい気持ち、集まっていたい気持ちは素直な自然な流れの中にあれば良いと思っています。
それは敢えて言葉として出さなくても、私自身が自然に添うていればその時その時を普通に流れていくのではないかとそんな思いでいます。
過ぎてきた年数はカウントしないで、また前に行く事も意識しないで足元とほんの少し先だけ見て行くだけだと思っています。
それを支持してもらえるメンバーと一緒にギターを弾いていられることは本当に幸せなギター人生していると感謝あるだけです。
[PR]
by gc-salvia | 2009-05-02 08:55 | サルビアの練習日誌