楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月26日

今年流行のゲリラ豪雨?と思われるような雷と強い雨の中練習会場へ向かいました。
今日は顧問をしていただいている岸田先生が名古屋からいらっしゃる日だから遅刻しないように・・と思いながらでしたが、先生に負けました。(笑)
安全運転が一番ですからね。
今日は全員集合。
皆さん合奏をしていることに関してはとても責任感の強いメンバーだと思います。
普段は少々それぞれの都合で動かれて良いと思うのですが、合奏で自分が抜けたらバランスが変わってしまう。
自分は合奏の中でなくてはならない存在だ・・って思われるのが一番のハーモニーを作る基でしょうね。今日はそのことをとても実感しました。
そして嬉しく思いました。

練習はいつも通り3曲(お茶の間ミュージックメドレー・世界の約束・アルハンブラの思い出)を弾きました。岸田先生は前で楽譜を見ながら頷いてられました。
もうお一人今回はお客様がいらっしゃいました。
四郷ギターサークルの河村先生。
来月合同で合奏するのですが、河村先生は指揮をされるのでサルビアの合奏と調整の為一度見ていただけたら・・・とお願いしました。
曲目は「シェリト・リンド」「白い恋人たち」の二曲。
「シェリトリンド」はあまりハイテンポでは3rd伴奏が混乱してバラバラになるといけないと言うことで遅からず・・のテンポで弾く事になりました。最後まで一定のテンポだから特に問題はないと思われます。
「白い恋人たち」のフレーズ切り替わりテンポ感が問題だったのですが、今回のご指導でメンバーも感覚が解ったと思います。
あとは当日の午前中の合同練習ですね。それ自体が一番の交流だと思って今回お願いしました。

河村先生・岸田先生からサルビアの合奏が音質が均一で心地良いと感想を戴きました。
心を合わせて皆で弾いている意識を持つことが何よりも大切なんでしょうね。
一人一人の思いが全体を作っている・・ってステキな事なんですよね。
改めて感じて嬉しくなりました。
[PR]
by gc-salvia | 2008-09-27 21:44 | サルビアの練習日誌
集まりの様子を毎週書いていたつもりが先週のを完全に忘れていました。^^
日が経つのが早くてあれれ~~って感じ。
何かあったわけでもありませんのでご心配なく。(笑)
先週も今週も相変わらずホンワカのんびり練習していました。

人前で弾く目標が二つ続いていてそれなりに頑張っています。
一つは有志演奏で曲も懐メロタイプをメロディとアルペジオ伴奏で弾くもの。もう一つは全員できっちり合奏ステージです。
有志演奏はメロディも1本に聴こえてきて全然問題なしに遊べているのですが、全員の方は長く弾き続けているせいか新鮮味が欠けて来て、今悪い面が少し気になっています。
「世界の約束」多分弾けているので個人練習がないのでしょう。
合わせようと言う一番根本のところが少しずつなくなってる気がしました。
それでサブテキストで2~3曲ずつ弾いて遊んでいたのを合奏ステージ終了までお預けします。
少しはこれらに集中しないとこれからはこう言う合奏曲は弾けないことになります。
まだまだ頑張らなくっちゃ~~ですよ。^^

緩めたら緩めた楽しみ。引締めたら引締めた楽しみがあるはずですよね。
メンバーは引締めを期待しているのかどちらなんだろう?ってところです。
私はまだまだと思っているのですが多い方に靡いていくのがナビゲーター役なんでしょうね。
本番まであと1ヶ月です。和を求めて頑張りましょうね。
[PR]
by gc-salvia | 2008-09-20 05:43 | サルビアの練習日誌

9月5日

朝、練習に出る直前に腰を痛めてしまい少し遅刻して練習に入りました。
この日のお休みは4人。
少し寂しい集まりでしたが夏休み中お仕事で休んまれていたメンバーが1ヶ月半振りに参加で雰囲気はとても明るくて楽しい会でした。
練習会場はいつもの四日市市文化会館が予約できなかったので≪なや学習センター≫。
部屋は音楽室でした。
駐車場の心配もなくエレベーター付きで料金も少しこちらの方が安いんです。
難点は2~3キロ遠い。
音は文化会館練習室よりずっと響きが良くて使い心地は良いのですが。。。
良いところがあればちょっとちょっと・・は何でも付き物ですね。

練習内容は合奏5曲とサブテキストから3曲。
「花嫁」と「ディズニーソングメドレー」は一応この日で終了です。
ノーミスで弾けたら押せる「OKスタンプ」は2~3人だったようです。
少し曲数が多いので最後の20分間練習では集中力が取れてきてるのかもしれませんね。

先週からサブテキストは新しいのに入っています。
「ドナ・ドナ」と「ビューティフル・サンデー」はメロディパートも伴奏パートも両方全員弾ける易しいレベルです。
9月一杯は弾かなければならない曲が多すぎるのでこの2曲だけにしておきましょう。

まだまだ厳しい残暑が続きますが、少しずつ弾きやすい季節になります。
皆さん、頑張りましょうね。
腰痛持ちの私はしばらく大人しく過ごす事にします。
[PR]
by gc-salvia | 2008-09-07 12:40 | サルビアの練習日誌