楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

8月31日

今日で8月はおしまい。
今日の練習は13名出席2名欠席。

「詩人と私」・・音はほぼ採っているのですが今一歩と言う所です。
それでも皆で集まって弾くと良い音が出ています。
私は左手中指を痛めたので時々弾くのを止めて聴いていました。

「さよならの時」・・1stと3rdそれぞれソロで始まります。
本来ソロを弾く人が休んでいるので(多分来週から出席できるかな?)代理ソロで練習しました。
この曲はほぼ1ヶ月半ぶりの練習ですがまだまだ大丈夫。
10月20日に間に合うでしょう。

「アルハンブラの思い出」・・もう少し1stの音が元気があるといいのになぁ。。。と。。
2ndからパートを移ってもらう方がいいかも。。。と。。
でもでも今回のアンバランスは最初からわかり切ってるのだから、それぞれの音で一生懸命弾くだけかな。。とも。。
それにしてもトレモロがきれいに流れていきます。

どんな状態でも出来る限りのことはいつでもしていたいですね。
指は少し悲鳴を上げてるけど家に居るよりは楽しい有意義な半日でした。
[PR]
by gc-salvia | 2007-08-31 21:14 | サルビアの練習日誌
中部日本ギター協会主催のギターアンサンブルの集いが今年も開催されます。
サルビアはこれまで8回参加していて今年も年度始めに参加決定していました。
5月になって1stメンバーの退会があり参加見直しの声が上がり、ゆったり遊んでいくのもいいか~と7月8月を過ごしました。
申し込み締め切り前には不参加連絡しました。

サルビアのメンバーは初心者中心でお互いの音に差さえあって寄り集まっています。
言葉や文字にするとカッコいいのですが、実際には大きな・心地良い音に自分の音を同化させて(紛れさせて)弾いている。
同じパートの人が休んだり今回のように退会があると残った人はその音に自信をなくしてしまいます。
易しい合わせられる曲を弾いても音はかなり萎縮傾向。そして何かムードが変わっているような・・・・です。
ゆっくりした流れは確かに必要ですが、ここは一つ頑張ろうじゃないのさ~♪の気持ちが要るのでは・・と感じていました。

そんな時に協会役員会があり、今年度のギターアンサンブルの集い参加団体が少ないことが伝えられました。何人かの理事の方からも再度お誘いを戴きました。
そして、もう一度参加を検討しなおし。今ならまだ間に合う・・とメンバーに呼びかけました。

サルビアはサークルです。
メンバーのほんのちょっとした気持ちの持ちようで前に向くかその場で足踏みをするかが決まっていく。
サークルとは何か・・?を考えていたのですが、決定事項を話し合いで・・と表面だったことだけじゃないんですよね。
メンバーひとりひとりが 前を見る意識を持つこと がサークルを支えていくことなんですよね。
中心になっている者の夢だけではどうしようもないものです。

そんな事を願いながら、先週の練習に集まっていた11名のメンバーに呼びかけました。
都合で休んでいた人の家に帰りに立ち寄りその説明をして了解も取りました。
心を合わせて~~はメンバー皆望んでいること。
ギターを置くと楽しく和やかな会ですが弾き始めるとちょっと元気のなかったサルビアさん。(笑)
緊張感はあるだろうけどまだまだ思い出に残る楽しい活動を残していきましょう~~♪と。^^

猛暑でちょっとゆったりしている期間があっただけ。本来の活動に戻ります。
10月20日(午後)多治見市民会館小ホールでの演奏を目標に頑張りましょう。
明日から再スタートです。

【演奏予定曲】
  詩人と私   さよならの時   アルハンブラの思い出
[PR]
by gc-salvia | 2007-08-30 07:49

8月24日

私達サルビアの練習は基本的に毎週集まっています。
ギター教室付属の合奏団や独奏中心に弾いている人が遊びで集まろう~的な合奏グループは月1回とか隔週のところが多いようですね。
サルビアは結成当初から毎週・・です。
用事が重なっていて来れない状況は隔週であっても同じですから。
逆に隔週練習でその日に用事があれば4週間も一緒に弾く事は出来ない。。
それだったら毎週にして集まれる人が弾く方が良いのでは・・と思いますね。
金曜日午前は『ギター』が生活に自然と組み入れられれば結局はメンバーも “ 楽 ” なんですよね。

急激な進歩があるわけじゃない40代から弾き始めたメンバーも多く、≪一つでも長く続けていたい趣味・・・としてのサルビアがあるだけ≫の人もいるはずです。
毎週集まるのはよりハーモニーの整った合奏を作る為と固く思ってる人はそんな人が違う色に思える瞬間がある。。。。

長く続けて来ていると10年15年前と合奏の音以外の部分が少しずつ変わって来ています。
マンネリと言葉を纏め上げるのは簡単だけど、中心で引っ張っている(意識の)人がはっきりと色合いをつけていないと二つにも三つにも分離した色が出てしまうでしょう。
でも、いろんな色があっていいはずですよね。
それらは上手く融け合っていけるはずなんです。

やさしい曲をこころを合わせて弾きましょう~~♪はサルビアのモットーとしてみんなで決めたものでもありません。
サークル中心人物を自認している私の目標としてるところ。^^
こころを合わせて・・・はお互いの思いやりを持っての意味合いを含んでいるつもりです。

思いやりを持って相手を認める(許す)・・・どこかちょっと宗教ぽい風合いが出てきているような(笑)・・・があればきれいな流れが続いていくのでは~と。。


今日の練習は11名が集まっていました。
大していつもと違う光景ではなかったのですが、和やかに前向きで素敵な仲間に包まれている幸せを改めて感じたとても有意義な練習会だったと思いました。

2週間ぶりに会うのもたまには新鮮ですね。(*^_^*)

さ、猛暑もそろそろおしまいでしょう。
目標を持ってまだまだ頑張りましょっ!(笑)
[PR]
by gc-salvia | 2007-08-25 06:32 | サルビアの練習日誌
毎週金曜日のサルビア練習、今週はお盆週間という事でお休み。
猛暑中の猛暑の高い気温が続いているので大正解だったと思いました。

先週の練習日から今日までの一週間は通常の一週間よりも長く感じたのはどうしてかしら?^^
少しのんびりしていたので、今日はHP内のMUSICのページにアップしてある曲を久し振りに聞いてみました。
フラッシュでBGM遊びをした最初の曲は『蒼いノクターン』
詩を書いたのは3年前のちょうど今頃です。


   花咲く時に 花と遊び     陽落つれば 月を待つ

   友呼ぶ虫の音 月影優し     秋風流れて 雲は逝く


   音のあや取り 心で結び     弦の響きは 夜想曲

   重ねたトレモロ せせらぎに似て     水面にゆらぐ 月光蒼し


   川は流れど 月はとどむる     あした明くれば 花再び

   音のあや取り 幾何学模様     風のささやき 蒼いノクターン


その頃の心の状態はと言うと確かに『月を待つ・・』でした。
でも心穏やかに周囲を見れば、やはりギターも仲間も変わらず傍にいる・・・でした。

そして3年が経ち・・、今も変わらず仲間と音のあや取りを楽しんでいる。
あや取りの模様は一緒に過ごしてる仲間の色次第で変わって行くけど、そうやって変わっていくのも自然の流れ。。。
やはり風のささやきを楽しみながらギターを弾いていくのが幸せなのでしょう。

お盆週間のお休みでちょっとふら~と(HP管理人の)心を振り返ってみました。
[PR]
by gc-salvia | 2007-08-17 22:28 | サルビアの練習日誌

8月10日

最高に暑い日でした。
家に居ても暑いからギター練習に出かける方がマシ~~(って人ばかりじゃないんですけどね)集まったのは8人。メンバーの半数です。

先週、腰を痛めてギターを持たずに出かけたのですが今週は(本調子ではなかったけど)一緒に弾けました。
やはり楽しいですね。
人数が少なくて音が小さくなってても自分の練習は練習です。
パートがアンバランスだったので少ないところを初めて弾きました。
どのパートの音もそれぞれに意義があるはず。お互いに支えあってる・・・って改めて感じました。
最近は個人的にソロ曲に力が入っていますが、やはりアンサンブルって良いものですね。
早くメンバー揃っての合奏の音が聴きたい。

来週はお盆週間でお休みで次回は24日。
そろそろ帰省の人や逆に帰省来客お世話様の人や、健康を害して養生している人も戻ってくるでしょう。楽しみです。

詩人と私  イギリス民謡メドレー(春の日の花と輝く・埴生の宿・ピクニック)を練習していました。
[PR]
by gc-salvia | 2007-08-10 21:30

8月3日

今年2個目の台風が上陸して今日の『練習は中止?』と思いながら目が覚めたら晴れていました。
夏でお休みの人が多いから全体の合奏の練習にはなりません。今日は出席9名、欠席6名。
個々の練習に集まってると思えばそれでも良かったんだけど、ダラダラとやる気のない練習になると次が出てくる気が落ちて行きます。
練習参加人数が多くても少なくても全体のムードは一人一人が作っているもの・・と感じていればそれなりに楽しい集まりになるのですけどね。
実際にはなかなか目の前の楽譜をこなすのに精一杯で隣近所を意識した練習ではないようですね。
今日のサルビアは淋しかったけど普段どおりの練習をしていました。
と言っても私はきつい腰痛で楽器を持って出ることが出来ませんでした。
参加することに意義があり状態。^^

健康のありがたみを感じた練習会でした。
[PR]
by gc-salvia | 2007-08-03 21:26 | サルビアの練習日誌