楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅雨が明けたら明けたで暑い中のサルビア練習日です。
今日の練習は9人ほど・・。夏ですから。。^^
集まれる人でコツコツと弾いています。

「参加出来る人が少なくなるけどお休みにしますか~?」で即「集まれる人だけで集まりましょう~♪」が返ってきます。

全体の合奏の練習にはならないけど、練習に出て行くほうが家に居るよりも涼しいし、心地良く過ごせるのでそれはそれで良いでしょう。



四日市市市民文化課・生涯学習係発行の情報誌「まなぼうや通信」2007年夏号に掲載されました。

d0065546_801498.jpg



d0065546_805333.jpg



掲載文が少し小さいのでこちらにアップしました。
(我が家のスキャナーの性能ではこの程度しか映りませんが。。。)



◎取材を受けて、記事を拝見して改めて感じたこと


私としては長く活動してきたからと言って特に何もありません。。^^
ひとつずつその時々のメンバーと積み重ねてきたものを宝物としてきました。
そしてその延長に今があります。
これからもこのままで『楽しい~♪』と思うメンバーがいる限り一緒に合奏を楽しんで行きたいと思っています。
そして、温かく見守っていただく皆様に感謝しています。
[PR]
by gc-salvia | 2007-07-28 08:30 | つぶやき

7月20日

まだ梅雨が明けていない7月3週目の練習日。3名欠席。
練習は順調に楽しく進んでいます。

「詩人と私」はほぼ全員が音を採っりました。きれいに流れていきます。
メンバーの一人が朝のNHKラジオ体操後の番組でいつも流れている・・と教えてくれました。
練習中の曲がテレビやラジオから流れてくるのは嬉しいものです。
私達が採り上げる曲はテレビCMや何かのBGMに出てくるような軽いものが多いんです。
そして、次は何を・・と考えるのも楽しいものです。

今日から手がけているイギリス民謡メドレーですが、その1曲目「春の日の花と輝く」も確か何かで使われていました。
パート替えなどで初めて取り掛かる人が多かったのですが難なく最後まで進みました。
次回は2曲目「埴生の宿」です。
これらの曲はポジション移動も少なく、先月まで弾いてきた曲に比べると易しい部に入ると思います。
ゆっくりとした曲で易しい曲は縦の線をきっちり合わせて隣りの人と音を調和させて弾くようにしたいものです。
ちょっとした加減でとても温かみのある弾き方になるかと。。
その加減を≪それぞれが感じる合奏がしたい≫がサルビア結成当初の夢でした。
やさしい曲をこころを合わせて・・・をこれからも心がけていきたいと思っています。


前半に取り掛かって間もない2曲を練習し、小休憩後にいつもの復習練習です。
弾かなくなると再採用するのに相当の時間がかかるので復習練習は来年まで続きます。
来年は25周年記念の何かをと考えているのでレパートリー維持は大切な事。
その時に出来る事をするだけですが、それまで楽しみながらまだまだ頑張って行きましょう。^^
[PR]
by gc-salvia | 2007-07-20 19:19 | サルビアの練習日誌

7月13日

今日は13日の金曜日。しかも台風接近中で雨前線が活発化しています。
そんな中でのサルビア練習日。欠席が3名だったかな。
いつもの顔を元気に見れることはありがたいですね。
親の介護の為に週末ごとに遠方に行かれる人、夏休みで子供昼食世話他で思うように練習に出て来れない人、いろんなメンバーがいます。
9月初めまではフルメンバーでの練習は無理でしょう。

こんな時は3~5年前に弾いていた曲をもう一度現メンバー全員でのレパートリに出来るように
復習したり、二重奏曲をサルビア用にアレンジしなおしたものを手がけたり、出席出来ている人だけでも楽しめる選曲で凌いで行きます。
今日の練習もそれなりに楽しく弾けました。
湿度が高いけど音はしっとりといい音に響いて、新曲『詩人と私』の2回目練習にしてはまあまあの完成度に聴こえてきました。
1st-a 1st-b そして 2nd-a 2nd-b 2nd-c の5パート編成。
1st-a と 2nd-c で本来の二重奏です。
b、cのパートを担当した人で既に音を採った人はそれぞれの二重奏タイプのパートを練習し始めてる様子。
それぞれが一歩前に出る気持ちがあるのを見るのはやはり良い事ですよね。
普段の練習時間内で少しずつ少しずつの人が居るのはサルビア合奏として一番良い傾向だと思いました。

昼食を一緒に取って解散する人、終わってすぐ帰る人それぞれですが、駐車場でもにこやかな声が響いて今日も感謝感謝の一日でした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◎部分練習~全体練習    モルダウ   詩人と私

◎復習  一回だけ合奏    さよならの時  アルハンブラ  夢見るカノン


※次回からイギリス民謡メドレー1曲目の『春の日の花と輝く』を練習
     モルダウは復習コーナーへ 
[PR]
by gc-salvia | 2007-07-13 16:17 | サルビアの練習日誌

7月9日のつぶやき

ずっと更新していなかったので最近トップページから少しずつ触っています。
それで、ふと今日思ってしまいました。
管理人としてこれだけサークルのHPで遊ばせてもらっていいのか・・と。^^
特にメンバーから何かの声があるわけではありません。
このブログにしても個人の見方で書いてる部分もあります。
どこかで同じようなギター合奏サークルの誰かが何かの参考になるようなことがあれば・・・と思ってるところもあるし、単に自身の日記としてるところなのかも知れないし、自分でもどちらとも意識していないところも多いし。。(笑)
サークルのマイナスなるような事は勿論していないつもりです。
必要があるかどうかで言えばどうでもいいことですよね。

それで、あれこれ考えるのが得意でない私の出した結論。

 ここまで生きてきたんだから好きにしましょう。 (爆)


サルビアも考えてみたら24年も同じスタイルで進めてきている。
それが答えでしょう。
見えない温かいもの(こころ)を信じてこれからも楽しんでいきましょう・・・・と。^^
[PR]
by gc-salvia | 2007-07-09 10:59 | つぶやき

7月6日

微妙な曇り空の練習日。3名欠席でした。
春以降はステージ演奏目標があったのでずっと同じ曲を弾き続けていましたが、これからはしばらく人前での演奏予定はないので、少し楽しめる練習にしたいと今日から新スタートです。

その1.モルダウ  (三部合奏)
  ごくごく初級者同士でも楽しめる内容です。
  どのパートも初見演奏のいい練習になります。
  今日はパート別に輪になって集まり一通り音を採ってからみんなで合わせました。
  初めて合わせる時って突飛なタイミングで音が出てくるのもあるけど、大きな音で
  練習している証拠ですよね。
  音は間違っても当然なんだから大丈夫です。

その2.詩人と私  二部~~五部合奏
  本来は二重奏の曲です。
  それをサルビア流に5パートに書き直しました。
  1st-a  1st-b  2nd-a  2nd-b  2nd-c

  1st-a と 2nd-c を弾くと二重奏に人前で演奏出来ます。


初日で2曲とも最後まで到達しました。。
あとはそれぞれの精進でデュオでもトリオでも楽しんで音楽していきましょう。


6月24日のギター合奏交流会で私達のステージ演奏をビデオ撮って戴いてたT氏からCDを届けて戴きました。
1ヶ月前に1stのパートリーダーが抜けて心細く思いながらの演奏でしたが、メンバー全員が一生懸命演奏している姿はやはり輝いていると感じました。
 「華やかだったで賞」を戴きましたが、こうしていつまでも華やいでいたいと思います。
サルビアはこれからも寄り添って咲き続けていきましょう。
[PR]
by gc-salvia | 2007-07-06 17:38 | サルビアの練習日誌