楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

6月29日ミーティング

今年前半期の大きなイヴェントが一つ過ぎたので、その打ち上げと後半期に向けてのミーティングの場を設定しました。
とその前に先ずは美味しいものを食べてから~~♪と言うのがサルビア流です。^^

ミーティングでは先ずは今年のギターアンサンブルの集い参加について。
十分協議した結果今年は不参加の方向を採る事にしました。
来年度が25周年記念イヴェントを考えたいので、これからの一年間はサークル内活動を一層充実したものにしたいと思っているからなんです。

サルビアは女性ばかりでしかも初心者が圧倒的に多い集団。
外部のコンサートに追われる事ばかりしていては何処かもろい所から亀裂が生じるやも知れません。
決して無理のないように、ステージ演奏が一つなくなることでダレることなく、ここの所無難に復習中心で進めていましたが新しい曲にもチャレンジして前に前に進めて行きたいと考えています。

やさしい曲をこころを合わせてハーモニーしていたい。。。
そのハーモニーに自信が持てて『聴いて戴きたい♪』と今よりももっと前向きになった時に衣装を着けてステージで演奏したいと思っています。

ただ一年一年大事に過ごしていかないと、それぞれの趣味に掛ける事情が変わっていく年代でもあるので、『出来る時には出来る事をして行きたい♪』の気持ちも大切にして行かなければとも思っています。
[PR]
by gc-salvia | 2007-06-29 22:04 | 楽しい出来事
今年度前半のお楽しみイヴェントでした。 (詳細はコチラにもアップしてあります)
晴れてたらとてもきれいな風景が広がっていたはずの日本昭和音楽村でしたが、生憎の雨模様。この時期だから仕方ありませんね。

d0065546_552613.jpg


親しく交流させていただいている合奏グループと一日をご一緒しましょうと言うイヴェントです。
控え室は十分弾くスペースがないので午前中はステージを使ってそれぞれの合奏グループがリハーサル。
約30分ずつたっぷり頂けました。
客席で他の合奏団の練習光景を見ることもとても参考になりますね。

準備していただいたお弁当・お饅頭・お菓子をお腹に納め(笑)、午後1時から本番ステージです。

d0065546_5555897.jpg



私達サルビアは最近ステージ演奏中写真が全然ないので、♪一度きちんと撮りたいね~~♪と衣装を身につけました。
4種類のスカートを揃えているのですが今回はベージュ。

ステージ演奏は日常と違う場だから衣装を身につけて多少の緊張感とともに演奏するとこれも思い出に残るのでは・・と私は思うのですが、今回の交流会イヴェントでも当にそう感じました。

肝心の演奏は(笑)本番はまあまあだったのではなかったかなと一応ハッピーステージだったと記憶に残るでしょう。。^^

   1.さよならの時

   2.アルハンブラの思い出

   3.夢見るカノン


目標に一緒に向かう喜び、同じ時間を一緒に過ごせる喜び、幸せを幸せと感じる喜び、音のほかにもギター合奏からは得られるものが大きいと改めて感じました。
[PR]
by gc-salvia | 2007-06-25 06:25 | 楽しい出来事

6月22日

梅雨らしい日の練習日でした。でもきっちり15名全員集まりました。
明後日は久し振りにステージで演奏です。一応、きちんと衣装を着ける予定。

別にそこまではする必要のないただのギター合奏交流会なんですけどね。
HPのトップページに写真が欲しいから(笑)きちんとしたスタイルで演奏しましょう♪と言う具合です。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
会 場: 日本昭和音楽村  
      http://www.mirai.ne.jp/~ongaku/

日 時: 6月24日(日)  午前・・リハーサル及び各合奏グループの自由交流  
                 午後・・13時より各合奏グループのステージ演奏及び独奏の発表

 ※演奏参加者は2500円会費ですが、ホール客席での鑑賞は無料です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

雨が降らないといいのに・・と期待していますが梅雨時ですからね。

今日は最後の練習日でしたが、バッチリでしょう。
サルビアはずっと長い間同じ曲を弾き続けてきましたから。。。
当日は楽しく楽しく・・です。^^
[PR]
by gc-salvia | 2007-06-22 16:27 | サルビアの練習日誌

6月15日

入梅したようですが今日は晴れで、気持ちよく練習に集まれました。
今日は全員15名出席です。
やはりステージ演奏が近付くと皆さんとても熱心に集まっています。
私自身はいつもよりも早く着いたかな。今日はもしかしたら一番手かも・・と思って行ったのですが既に部屋には椅子が並べられていて12~3人がギターを弾いていたり楽しそうに話していたり。。
とても和やかな光景です。

練習は発表する3曲(さよならの時・アルハンブラの思い出・夢見るカノン)だけに絞っています。
「さよならの時」はイントロと曲の最初のフレーズは2重奏でスタートしその後全員参加型の合奏へと繋げていました。
先週からその編成を少し変えました。
今日もそのスタイルで進めましたが心地良く響いています。
一人二人では出せない表現を全員で作る。私達はほぼ全員初級者ですがみんなの力で作り上げていく喜びを感じます。

「アルハンブラの思い出」はさらにそれが言えますね。
ギターソロでは決して弾けるものではありませんから。。あんなに指が動かない。。(全員)
一人1パート担当の二重奏・三重奏でも合奏のまろやかさ肉厚さみたいな演奏は出来ません。
弾いていて幸福を感じます。

「夢見るカノン」は多分今のメンバーにはレベルギリギリのチャレンジ曲のような気がします。
何年も何度もチャレンジしているので音符的には弾けていると思います。
で、何が欲しいのか・・ってサルビアらしい優雅なゆったりとしたハーモニーです。
サルビアのテーマ曲にしたいと思えるくらいメロディラインが心地いい曲です。
実際、この曲はサルビア20周年記念CDの1曲目に入れています。

一旦、お蔵入りにしてしまうとサルビアの場合再び弾くのにとても時間がかかります。
これからもこれら3曲はサルビアテーマ曲ぐらいのつもりでしっかりキープしていきたいかなと思いました。


サークル活動とは・・と考えた1ヶ月あまりでしたが、今日は集まりに感謝感謝と呟きながら帰ってきました。
[PR]
by gc-salvia | 2007-06-15 17:14 | サルビアの練習日誌

6月8日

今日もギター合奏交流会(6月24日)用の練習でした。(出席14名・欠席1名。)
特に問題なしで練習が進んでいきます。

1.さよならの時
2.アルハンブラの思い出
3.夢見るカノン

重奏での出演はキャンセルとなったので全員合奏で上の3曲を演奏予定です。
周辺散策もとても気持ちの良いところなので一日みんなでリラックスできればいいなと思っているところです。
梅雨シーズンのイヴェントだからちょっと心配ではありますが。。。

今日は会場までの車乗り合わせ他の相談もしました。
女性ばかりのメンバーだから他の人を同乗しての運転は心配・・と言う人が多く、調整の苦労もあります。
あとしばらくあるので何とかなるでしょう。

何でも難しく考えたらサークルを前に進めるって難しいものですね。
ふぅ~と深呼吸してゆとりある笑顔で接していたいものだと今日は感じた一日でした。
また来週頑張りましょう。
[PR]
by gc-salvia | 2007-06-08 21:03 | サルビアの練習日誌

6月1日

今日も初夏の爽やか練習日でした。(出席14名・欠席2名)
「アルハンブラの思い出」のトレモロが心地良く流れていました。

独奏のトレモロ奏法は右手のa(薬指) m(中指) i(人差し指) が1本の弦の同じ音を細かく弾いていくことで繋がったトレモロの音を作っています。
指の早い動きと滑らかさが必要でなかなか初心者では難しいですよね。
合奏のトレモロ奏法は i (又は m)の指をp(親指)にくっつけて(支えて)ピックで弾くように爪を1本の弦を32分音符弾き・・・そんな表現ありかな?・・・するんです。

ギター歴の長い人でもこの合奏トレモロ奏法を経験ない人は多いですね。
サルビアでも勿論最初は全くぎこちないし音も全然粒が揃っていなかった。
私達の練習は初心者が多いことから同じ曲を長く続けているので、このトレモロ奏法がいつのまにか滑らかに弾けるようになってきました。
当然のことですが練習を繰り返すのみってことですよね。
今日の「アルハンブラ・・」は本当に絶好調って思いました。みんなで作っていく音楽って幸せですね。
他にいつもの曲もいつものように練習しました。

いつもとちょっと違う光景は最後の15分にありました。
少しこれからのサルビアは・・みたいなのを話し合いました。
なかなかそんな機会を持てないですからね。
女性が集まれば賑やかな話は得意だけど、改めてまじめっぽくなるのは堅いし下を向く人だって出てくることだし・・、で年々減ってきました。

現サルビアメンバーは20年以上の人が数名、15~20年の人が数名、4~6年の人が数名でお付き合いも長くなってきました。
全体ではとてもまとまろうとしている大人の女性サークルだと私は思っていますが、その微妙な年数差のところにサークル感の違いがあるのも薄々とは感じていました。
勿論、個人差も多いし口に出される人黙ってる人あります。
ギターを弾き始めれば一つにまとまるだけですからね。何も問題はありません。

ただ時には言葉に出して「改めましてよろしくお願いします♪」も要るのかなと感じた一日でした。
[PR]
by gc-salvia | 2007-06-02 07:10 | サルビアの練習日誌