楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

7月25日

定例の練習会場は四日市市文化会館・練習室なのですが最近は他の団体と重なる事が多く、予約が取れなかったりします。
この日も予約出来なかったので夏の暑い時期だしお休みにしてもいいかな・・と思っていました。
そしてメンバーにそう言い出したら誰も特に意見は言わないのですがモソモソと場所を変えたらどうかな・・との声がありました。
昨年、耐震化工事で半年間使用不可だった時に使っていた会場に問い合わせしたら予約が出来ると言うことで改めてメンバーに変更をお知らせしてこの日の練習になりました。

1人だけはお休み・・となった時点で予定を入れられたそうで変更が申し訳なかったのですが一日それなりに集まって練習しました。
こちらの会場は旧小学校なのでよく音が響きます。合奏5曲、今日も満足できる合奏でした。
サブテキストからの練習曲は「花嫁」・・70年代のフォークソングです。
殆どの人が問題なくメロディを弾いていました。
中にはフォークっぽい伴奏にチャレンジしている人もいます。あと2~3週は弾くので頑張りましょうね。
もう1曲「ディズニーソングメドレー」にもチャレンジしました。
この曲は20年以上前に二重奏としてアレンジしたものでとても懐かしい思い出のあるものです。
「ミッキーマウスマーチ」で軽く始まり「小さな世界」でメルヘン的な楽しいイメージ、その後に「ハイ・ホー」で軽快に。この曲は途中で主旋律が2ndに変わってオクターブ下のメロディが流れます。
その後にまたまた「ミッキーマウスマーチ」が登場。。。と言う構成です。

今日は1曲ずつ弾くポジションを確認してテンポの変化を確認して、1stの伴奏パターンを確認して・・・と言うことで全員が1stパートの音をひと通り取りました。
音採り作業は解説付き約15分。ダラダラ練習でなく集中している方が皆さん良いみたいですね。
初見弾きが好きでない人は事前に冊子にして配布してあるので独習しているようだし、まあまあ問題はないのだと思っています。
マンネリ化にならないように楽しめるとこをそれぞれの要領で楽しむ。それしかないですよね。

サルビアも25年続けてきてメンバーのシニア年齢化もあるので活動方法を模索してきていましたが少しずつ方向が見えてきた気がします。
でもいつも柔軟にしていないと走ったり休みすぎたりでは寿命を短くするので(いえ、寿命は短くても充実していれば私は大満足ですが)全体を見ながらその時々にあったやり方で進めていけば良いと思うようになりました。

2月から「さくら」(森山直太郎)~「春なのに」(柏原芳江)~「野ばら」(ウェルナー)~「おぼろ月夜」~「空に星があるように」~「さとうきび畑」~「テネシーワルツ」~「花嫁」(はしだのりひこ)~ディズニーソング・メドレー」と合奏曲以外に沢山弾いてきました。

難しい曲を弾くのが合奏ではないし、人それぞれの楽しめる範囲でその完成を目指せば良いことだし人に期待したり何か意識のある視線を向けるものではないし、思うようにされたら良いだけの事。
その気持ちが自然と合致したところにハーモニーが出てくるものだ・・とサルビア流に至りました。
永遠に初級レベルメンバーの集まりだとそんなところですね。
満足するかどうかはそれぞれですが、満足されている間は一緒に弾いていましょう♪と私は次の楽譜を準備して行くだけです。
[PR]
by gc-salvia | 2008-07-26 06:38 | サルビアの練習日誌