楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

4月11日

行楽日和の4月2週目練習日ですが12名出席の練習会でした。
今日はまずメンバーに2つのお知らせをしました。

【その1】10月19日(日)演奏予定していることについて。
20分ステージを依頼されているのですが、3曲をサルビアだけで演奏、2曲を四郷ギターサークルと合同演奏することになりました。
合奏はいろんな形で楽しめますよ~~って表現していきたいです。
合同演奏の曲は「シェリトリンド」と「白い恋人たち」
「白い恋人たち」は四郷ギターサークルの3月発表会で演奏されていたので、それぞれのレパートリーを1曲ずつ持ち寄っての合同となります。
もう一つのサルビアメンバーも出演可能な人は参加を目標にして行きたいと思っています。

【その2】ふじの花を楽しみながら親睦食事会について
5月2日のサルビア定例練習会を少し早い目に切り上げてふじの花で有名な料理旅館へ行きましょう~~♪と提案。
即決定しました。(笑)
ゴールデンウィーク中なので既に予定が入っている2名は欠席です。
14人メンバー全員揃うのを難しいですからね。
お楽しみごとは半数いたらゴーゴーです。
一緒に思い出作りしていきましょう。


で、今日の練習も好調です。
「世界の約束」まだまだ曲想をつけるよりも先ずは縦ラインをきっちりと合わせる努力をしましょうと大きなハッキリした音で弾いています。
途中にピチカート奏法があるのですが、気分的に早くなりやすいんですよね。
きちんとメロディ担当のパートを意識しましょう~~ってことです。
まだまだ50%の出来でしょうね。
「○○メドレー」は今回も1曲ずつ音を確認しながら元気に弾きました。
そしてサルビアテーマ曲?「アルハンブラの思い出」
サルビアはトレモロがとてもきれい~~♪とよく言われますが、こればかりは練習あるのみなんですよね。
アルハンブラはトレモロ練習の為に1度は必ず弾いていたいと思っています。
10月にも演奏することになっています。

休憩タイムのあとは完成を目指さない短期間の2曲。
明るく弾き易くを目的として2フレットカポしています。
「明日があるさ」元気よく全然問題なしに弾けています。
今月いっぱいは弾きましょう。
「春なのに」は独奏の曲を二部に分けて少し手を加えて書き直したもの。
独奏にチャレンジしている人もいて、それぞれのレベルで楽しめるのは嬉しいですよね。

サルビアは初級が8~9割~中級1~2割の集団ですから技量に差があります。
合奏曲中心にしていると、まとめる為には弾きこなさなければ完成しないし、長く続ければ飽きてくる。。
弾いても弾いても意識するところが一致しないと満足する演奏は何時まで経っても出来ないんです。
人に頼り切った適当弾きの人も多くなってる。。
それではどこかにストレスが溜まってしまいます。
『仲良しサークル』では解消出来ないものがどんどん溜まってくる。
だから目標を持つ合奏ばかりを追いかけているのは限界があります。
中級・上級者の多い合奏団にはない悩みですよね。
私達らしい悩みだと思います。
それを少しずつ軌道修正してマンネリ化もを避けて、ただただ楽しんでいける集まりにしたいとずっと思っていました。

新しい方向に歩き出してまだ3ヶ月が過ぎただけですが、そろそろサルビアの花も出回ってきますね~~♪と感じた今日の練習会でした。


午後の自由練習に残っていく人もそれぞれに充実している様子。
落ち着いてきました。(*^_^*)
[PR]
by gc-salvia | 2008-04-11 21:02 | サルビアの練習日誌