楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

7月20日

まだ梅雨が明けていない7月3週目の練習日。3名欠席。
練習は順調に楽しく進んでいます。

「詩人と私」はほぼ全員が音を採っりました。きれいに流れていきます。
メンバーの一人が朝のNHKラジオ体操後の番組でいつも流れている・・と教えてくれました。
練習中の曲がテレビやラジオから流れてくるのは嬉しいものです。
私達が採り上げる曲はテレビCMや何かのBGMに出てくるような軽いものが多いんです。
そして、次は何を・・と考えるのも楽しいものです。

今日から手がけているイギリス民謡メドレーですが、その1曲目「春の日の花と輝く」も確か何かで使われていました。
パート替えなどで初めて取り掛かる人が多かったのですが難なく最後まで進みました。
次回は2曲目「埴生の宿」です。
これらの曲はポジション移動も少なく、先月まで弾いてきた曲に比べると易しい部に入ると思います。
ゆっくりとした曲で易しい曲は縦の線をきっちり合わせて隣りの人と音を調和させて弾くようにしたいものです。
ちょっとした加減でとても温かみのある弾き方になるかと。。
その加減を≪それぞれが感じる合奏がしたい≫がサルビア結成当初の夢でした。
やさしい曲をこころを合わせて・・・をこれからも心がけていきたいと思っています。


前半に取り掛かって間もない2曲を練習し、小休憩後にいつもの復習練習です。
弾かなくなると再採用するのに相当の時間がかかるので復習練習は来年まで続きます。
来年は25周年記念の何かをと考えているのでレパートリー維持は大切な事。
その時に出来る事をするだけですが、それまで楽しみながらまだまだ頑張って行きましょう。^^
[PR]
by gc-salvia | 2007-07-20 19:19 | サルビアの練習日誌