楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

4月27日

とても気持ちのいい日でした。暑くもなく寒くもなく。^^
集まりもメンバー全員16名です。

今日の練習は「アルハンブラの思い出」から始まりました。
とても心地良くトレモロの音が重なっていきます。
この曲は本来ギター独奏の曲です。
ソロでのトレモロだからそれほど曲に抑揚がつけられないのが殆どですよね。
合奏だから少しはオーバーな曲の作り方をしても良いんじゃないかと。。サルビア流解釈することにしました。
オーバーな作り方をしていても大きな会場では結構平坦に均されてしまいます。
みんなが少しずつ合わせるポイントを意識するだけで良いんですよね。
このまま秋まで続けていく予定です。

2曲目は「夢見るカノン」。ほぼ出来上がっています。
まだ心持ちゆっくりテンポにしているので、徐々にテンポを上げて整えていこうとしている段階です。
この曲も9月と10月のイヴェントが最終目標です。

もともとこの2曲はサルビアのカラーによくマッチしてるので(笑)サークルシンボル曲に・・と思っていた曲ですから多分、来年晩秋~再来年春に予定しているサルビア25周年イヴェントまでずっと復習で廻していく曲になりそうです。


あと、いつもの4曲「見上げてごらん夜の星を」「北の国から」「さよならの時」「森を歩くと」も無難にそこそこの合わせをしました。
6月の合奏交流会がまず目標ですが、9月に四日市市文化協会イヴェント(四日市市文化祭?)で30分ステージを受けてしまったので、これらの曲を延長練習する公算が出て来ました。
小回りの効かない初級者が多い合奏サークルはこのぐらいでないと人前での演奏は出来ないんです。

あと、6月24日の合奏交流会に禁じられた遊び・愛のロマンスを有志合同演奏しようと提案があり、サルビアも全員チャレンジになりそうです。
愛知県芸術劇場大ホールで岸田ギター合奏団他と合同で弾いた曲だから、少し復習すれば大丈夫でしょう。
そしてそのまま9月イヴェントにも使えば良いかと。。思い中です。


午後も7名が残って重奏練習したり独奏の練習をしたりしていました。
今年は外部のギター催し物にチャレンジしましょ・・と声が出たりもしています。
積極的になれる人はどしどしとギターを持って出ましょう。
前を向くことはサルビアの活動にとってもマイナスのはずはありません。
午前の合奏は合奏。午後の楽しみは楽しみ。
何でも出来る時が幸せです。^^
[PR]
by gc-salvia | 2007-04-27 18:57 | サルビアの練習日誌