楽しく集まっている様子を記録しています。(管理人発)


by gc-salvia
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

38                           (10月14日)

書くのを10日も忘れていました。
練習日誌を37まで続けてきてここで途絶えるのは惜しいから思い出して続けています。(笑)
特に意識する先の目標がある訳ではないけど一応は練習日ですから集まりました。
出席者は・・多分15名(欠席3名)。。かな?

今日はある人のアドヴァイスを基にした合奏の基本練習を15分ほどしました。
私達は演奏本番1~2ヶ月の練習を除いて普段はま~るく輪になって練習しているんですが、
2弦ド→3弦ソ→4弦ミ→2弦ド・・・・と隣同士違う音を単音で同時に弾く練習です。
私の号令サン・シ・○って感じで同時に弾くと心地よい和音が出来るはずなんですが・・・出来ない。(笑)
人の音を良く聴く、自分の音の大きさを確認するってことがポイントなんですね。
一番大きな音で弾くとこうなる。。弱く弾くとこうなる。。。を良く認識する事・・とアドヴァイスなわけです。
そしてその音の長さをいろいろと変えていって16分音符弾きもしていくんですが、その時にはクレッシェンド・デクレッシェンド練習もしていく。
みんなで徐々に大きな音を作ってく徐々に小さな音を作ってく・・・それがポイントなんですがなかなか・・ですね。
急に変えてしまうんですよ。。って変わるだけまだ良い訳で、強弱さえ意識できない人がいるんです。

ずっと前の話ですが、大きな音を出すにはどうすれば??と聞かれたことがあります。
聞かれた私が驚いたんですけどね。^^
蛇口から水量を多く出すにはどうすれば??の質問と同じに感じたんですよ。
でも初心者には解らない事は解らないのであって、指先を取ってこれが強く弾くこと・・って応えていきます。
今のメンバーは強弱がどんなものかは勿論十分解っているのですが、全体合奏しているとついつい音を間違わずに弾くのが一番・・となってしまうんです。
だからちょっと緊張感のある場面になると指先からどんどん力が抜けて行ってしまう。。
またステージ本番では自分の音だけしか聴こえてこなくて・・完全脱力状態の人が出てきてしまう。
経験を重ねる事でクリア出来るのですが何しろ年に1,2回しかその場面がないので、たまにそれを意識した所で仕方ない問題ではありますが。。。
アドヴァイスをしてくれる人曰く「解らないだろうから~~と諦めてはいけない。伝えようとしなくちゃ!」です。
サルビアは教えたり教えられたりの場所じゃないって基本的に私は思ってるのですがやはり一つのものを皆で作ろうとなれば≪拘り≫も必要だしまじめな学習場面もいるってことなんでしょうね。

少しは指先感覚で人と調和しましょうよ~~~と言うのが今回の練習ポイントです。
曲を弾けばその曲の流れに沿うだけだし最終的にはその流れを楽しむサークルな訳だから理屈不要ってものなんでしょうけど、ここ数年、合奏の危機感を持ってるメンバーも少なくはないってことなんです。(*^_^*)
暫くは楽しみながら短時間の≪ワンポイント合奏基本練習≫採用です。
そのあと、これまでの3曲(遠くへ行きたい他)を合奏して11時半に練習お開きとしました。

そしてみんなで打ち上げ昼食会に移動しました。^^ これがなくっちゃ~~~♪


10月21日の練習は練習会場の都合でサルビアの集まりはお休みです。
[PR]
by gc-salvia | 2005-10-22 08:31 | サルビアの練習日誌